Pauperサイドボード候補 墓地対策

  • 2022.8.12
    カード紹介
    OONS

    ■はじめに

    Pauperのサイドボードとして採用されうるカードを、メジャーマイナー問わず紹介していく記事になります。
    ※メジャーかどうかはメタゲームに左右されやすいため。

     

    今回は墓地対策。

     

    他の記事はこちら ⇒ まとめページ

     

    ■墓地対策

    採用する場合、大まかに以下が仮想敵になります。

     

    ①墓地を利用したコンボの妨害
    ⇒ファミリア・ジェスカイのような《古術師》《儚い存在》系の墓地回収コンボ、サイクリングストーム、リアニメイト、《拷問生活》デッキなど

     

    ②墓地を利用したアドバンテージ確保の妨害
    ⇒《チェイナーの布告》、《信仰無き物あさり》、《大慌ての棚卸し》など

     

     

    《大祖始の遺産/Relic of Progenitus》

    おそらく、最もメジャーな墓地対策。
    初手に置ければ、毎ターン1枚ずつ墓地のリソースを削る”墓地破壊エンジン”として機能しながら、 1マナ立てるだけで常に墓地全体追放を構えることができます。

     

    また、2枚以上引き込んだとしても、1ターン2枚追放し続けてもいいですし、ドロー置換しても良く、何かと丸いです。
    これがPauperにおける墓地対策の基本です。

     

    《トーモッドの墓所/Tormod’s Crypt》

    テンポと妨害性能のコスパだけなら最高級です。
    ただし、ドローがついていないのはやはり痛く、かなりテンポに特化したデッキか、《きらめく鷹》などシナジーが見込めるカードが入ったデッキに限定されます。

     

    《フェアリーの忌み者/Faerie Macabre》

    実質無色のカード。
    設置不要かつ0マナなので奇襲性が高く、「圧力をかける」というよりは、相手の墓地利用に対応して「刺す」ような使い方になります。
    黒マナが出るデッキであれば生物としての運用もできることから、フェアリーなどに対して単純に面倒な飛行ブロッカーとしてサイドインできることも魅力的といえます。

     

     

    《ボジューカの沼/Bojuka Bog》

    主にメインボードからのマイルドな墓地対策として採られますが、時々サイドにいる場合もあります。
    ソーサリータイミングなので、妨害としての強烈さには欠けるものの、以下の恩恵が得られるのが魅力的です。

    ・土地破壊など相手にも追加の土地としてサイドインできること
    ・特にアドバンテージを損なわないこと
    ・《コーの空漁師》《幽霊のゆらめき》などで再利用できること
    ・打ち消されないこと

     

    《虚無の呪文爆弾/Nihil Spellbomb》

    なんだか《大祖始の遺産》と似ていますが、ドローに黒マナを要するため実質的には黒いカードです。
    《大祖始の遺産》と比べると、墓地追放自体は0マナでもできること、自分の墓地は追放しないことが魅力です。黒いデッキであることを前提とすると、自分の《チェイナーの布告》《グルマグのアンコウ》などの邪魔をしない、ということになります。

     

    ちなみに勘違いされがちですが、ドロー効果の誘発条件は「墓地に落ちること」なので、例えば《命取りの論争》で生贄に捧げた場合なんかも使用できます。

     

     

    《腐敗した再会/Rotten Reunion》

    サクリファイス系やゾンビデッキなどを中心に、選択肢に挙がります。
    2回使えて地味に奇襲性もあり、やっていることは強力なので、腐乱ゾンビを腐らせず活用できるデッキであれば、採用を考えてよいでしょう。

     

    《墓所への乱入/Crypt Incursion》

    墓地対策とライフ回復、どちらもある程度ピーキーですが、刺されば強力です。

     

    《亡霊招き/Beckon Apparition》

    主に白単英雄的で、布告対策の実質的な瞬速生物を兼ねて採用されます。
    トークンも墓地追放も《チェイナーの布告》対策として噛み合っているのが面白いです。

     

     

    《黎明運びのクレリック/Dawnbringer Cleric》
    単体で言えば、ふんわり墓地対策枠。
    《儚い存在》などと合わせることで、いつでも墓地追放を構えることができるのが強力です。

     

    《自然への回帰/Return to Nature》
    ふんわり墓地対策枠。
    全体的に地味ですが、いろんな相手にふわっと使える丸さが魅力です。

     

    ■更新履歴

    2022/08/08 初版

TOP

© Copyright pauperMTG.com