Pauperサイドボード候補 生物除去対策

  • 2022.9.2
    カード紹介
    OONS

    ■はじめに

    Pauperのサイドボードとして採用されうるカードを、メジャーマイナー問わず紹介していく記事になります。
    ※メジャーかどうかはメタゲームに左右されやすいため。

     

    今回は除去対策。
    クリーチャーを守る手段です。

     

    他の記事はこちら ⇒ まとめページ

     

    ■前提

     

    この記事では、明確に「除去対策」というものを紹介しますが、それ以外にも、色対策(特に黒や赤)、打ち消し、ハンデスなど、介入する手段は色々ありえます。
    特に全体除去は重いので、打ち消しが刺さりやすかったりします。

     

    それらについては、別の記事をお待ちください!

     

    ■除去対策(単体除去対策)

     

     

    《フェイン・デス/Feign Death》
    《不死なる悪意/Undying Malice》
    《超常的耐久力/Supernatural Stamina》
    実質的に除去呪文と1:1交換を取りつつ、クリーチャーにCIP能力があれば再利用することができます。

     

     

    《異常な忍耐/Unnatural Endurance》
    《教授の警告/Professor’s Warning》
    逆に、例えば《予想外の牙》のカウンターが乗ったクリーチャーなど、戦場を離れさせたくない場合はこういうのもありです。

     

     

    《巨森の蔦/Vines of Vastwood》
    無難な除去対策。
    キッカーのサイズアップがえげつないことに加え、相手のクリーチャーへの強化呪文の妨害にも使えたりするので、マルチに活躍できます。

     

    《蛇皮のヴェール/Snakeskin Veil》
    1マナで自分のクリーチャーに唱えることを想定するなら、こちらの方がコスパ良好です。

     

     

    《儚い存在/Ephemerate》
    噛み合うデッキならそもそもメインに置いてもいい気はします。
    《フェイン・デス》系統と同様の使い方ができつつ追加のアドバンテージを得られ、かつ能動的なアドバンテージ取得もできるのがグッド。

     

    《心優しきボディガード/Benevolent Bodyguard》
    対象クリーチャーを一度だけ守れます。
    これ自身がクリーチャーなので、布告避けにもなるのが良い感じです。

     

     

    《潜水/Dive Down》
    呪禁でクリーチャーを守りつつ、コンバットトリックや全体除去からの離脱などにも使えます。

     

    《下支え/Shore Up》
    こっちはパワーも上がる方。
    アンタップすることを含め、全体除去耐性を考えなければこちらの方に軍配が上がることが多そうです。

     

     

    《取り繕い/Turn Aside》
    クリーチャーに限らず、色々守れます。テンポアドが魅力。

     

    《安全維持/Keep Safe》
    クリーチャーに限らず、色々守れます。カードアドが魅力。

     

     

    《星明かりのマント/Starlit Mantle》
    《安全の揺り籠/Cradle of Safety》
    サイズアップが継続するのが強み。
    攻めに寄せたい場合や、エンチャントシナジーがある場合などはありかもしれません。

     

     

    《妨げる光/Hindering Light》
    《安全維持》と似ていますが、こちらは布告除去やハンデス、本体火力などにも使えます。

     

     

    《使徒の祝福/Apostle’s Blessing》
    実質的には無色、というか白以外のためにあるような除去対策。
    プロテクションなので全体ダメージなどからも守れますが、基本的には単体除去を対象不適正にするためにサイドインします。

     

    《皮の鎧/Leather Armor》
    ちゃんとした解決にはなりませんが、除去コンのテンポをいちいち阻害できます。
    また、例えば《ぬめるボーグル》が《電謀》圏外に逃れるなど、タフネス上昇も地味ながら有用です。

     

    ■除去対策(布告除去対策)

     

     

    《若き狼/Young Wolf》
    《安寧砦の精鋭/Safehold Elite》
    不死や頑強、つまり「1枚で2体分のクリーチャーが出るカード」は、布告除去を2枚消費させられます。
    布告除去に弱いデッキで有用です。

     

     

    《嵐縛りの霊/Stormbound Geist》
    《暗影の蜘蛛/Penumbra Spider》
    これらに関しては、高コストではあるもののしっかり戦えるスペックをしているので、布告除去に限らず除去デッキ対策としても機能します。

     

     

    《亡霊招き/Beckon Apparition》
    実質的な瞬速クリーチャーで、布告に合わせて打つことで実質的な打ち消しになります。
    後引きした場合でも墓地の《チェイナーの布告》を追放できたり、噛み合いが良い感じです。

     

    ■除去対策(全体除去対策)

     

     

    《光糸の場/Lumithread Field》
    《胸壁/Parapet》
    タフネス上昇の置物。
    先置きできるのでマナを構える必要はなくなりますが、相手から見える以上それを前提に動かれてしまう(無駄使いさせたりはできない)欠点はあります。

     

     

    《Goblin Caves》
    ゴブリン限定ですが、タフネスが2上がり《ブレス攻撃》《アームズ・オブ・ハダル》などを潰せるのが強力です。

     

     

    《蜘蛛糸の鎧/Spidersilk Armor》
    タフネス上昇による全体除去耐性に加えて、到達が付与されることで飛行デッキ対策としても機能します。

     

     

    《拡大/Magnify》
    《活力の覆い/Wrap in Vigor》
    前者は《息詰まる噴煙》などに対しても使えたりするのが魅力。
    後者は後者で、コンバットトリックとして使えたり、《ブレス攻撃》《渦巻く砂嵐》などのオーバーキルにも対処できるのが良い感じです。

     

     

    《レイモス教の再興/Ramosian Rally》
    0マナで打てる全体修整。
    コンバットトリックやフィニッシュ手段にもなるので、メインから採用されるデッキもあります。

     

    《護衛の誓約/Guardians’ Pledge》
    《ブレス攻撃》など大きいダメージにも対抗できる修正値が魅力です。

     

    ■除去対策(消耗戦対策)

     

    《墓の刈り取り/Reaping the Graves》
    《無残な収穫/Grim Harvest》
    《カストーディの従者/Custodi Squire》
    実質的なクリーチャー母数を増やすことで、除去の枚数を超えていくアプローチ。
    特に《墓の刈り取り》は、打ち消しにも強いため扱いやすいです。
    また《カストーディの従者》は、複数いれば従者自身を回収して無限に除去を受け止められます。

     

     

    《ギルドパクトの守護者/Guardian of the Guildpact》
    布告が無い相手に対して強い、そもそも除去が効かないクリーチャー。

     

    ■更新履歴

    2022/08/25 記事作成
    2022/09/02 《星明かりのマント》《安全の揺り籠》追加
    2022/09/15 《下支え》追加

TOP

© Copyright pauperMTG.com